もっとホッとProject


家のドアを開けたり、テレビや冷蔵庫を使うとそれに反応して母親の声で呼びかけてくれるモノ。

「鍵っ子が安心して家に帰れるようにしたい」というアイデアから生まれたこの『もっとホッと』は、人の行動・習慣をトリガーにしたさりげないコミュニケーションを実現するデバイスとして、高齢者向けの製品として開発中!

※このアイデアは、2014 年 11 月に中小機構主催の企業展示会【新価値創造展 2014】において、 実施したワークショップ「具現化ソン」をきっかけとして学生チームと企業複数社で開発を行っています。 

開発プロジェクト進捗日誌


アイデア創出を行いました!

学生たちとアイデア出しを行いました。

見守りシステム開発企業「株式会社むすび」へ企業訪問に行ってきます。

本日は高齢者の見守りシステムの開発、実証実験をしている株式会社むすびさんへ企業訪問へ行ってきます!

伊勢の老人クラブにて意見交換・交流会のあと、見守りシステムの高齢者住居取り付けに同行予定です。

見守りシステムの導入・稼働の現状や高齢者の皆さんの意見を参考に、「もっとホッと」をもっともっと素敵なモノにするためのアイデアを考えたいと思います!